公的支援

子どもだけでも食べさせたい。子ども食堂を利用しよう!

現在、日本では6人に1人の子どもが貧困状態にあると言われています。

応援ママ
中でもひとり親世帯の半数の世帯は貧困状態にあると言われています

「ひとり親」と言っても、父親が引き取って育たてている場合、経済的には問題が無いケースが多く、実際は「シングルマザーの場合」と言っても過言ではありません。

女性がシングルマザーで子どもを育てている場合、金銭的な事情もそうですが、生きていくために母親が長時間働く必要があるため、毎日栄養バランスの整った食事を子どもに作る事が難しい家庭が多いのが現状です。

近くに実家があったり、頼れる兄弟や親戚でもいれば別ですが、仕事をしながら家事も完璧には出来るはずがありません。

相談ママ
子どもの食事の時間に仕事だったりする事がありますよね

応援ママ
外で働いていると家の事まで手が回らないよね

子ども食堂を利用しよう

金銭的に問題のない家庭の場合、母親が働いていても外食をしたり、手作りの食事にスーパーのお惣菜を足したりすることで、子どもに栄養バランスの取れた食事を取らせる事も可能です。

ただ、貧困状態の中でギリギリの暮らしをしている場合、外食や惣菜を使う事が出来ないのが現状です。

そうなってくると炭水化物メインの食事が続いたり、安い食材を使ってバリエーションの少ないメニューで凌いだりする事が多くなってくるかと思います。

相談ママ
貧困家庭ほど肥満率が高いって言いますよね

応援ママ
お金が無いとお米やパスタに頼っちゃうからね

各地に広がる「こども食堂」の輪

最近、そんな子ども達の状況を改善するために「子ども食堂」が日本全国に広がっりつつあります。

「こども食堂」は手作りの食事を安価、または無料で子ども達に提供するという取り組みです。

例えば、東京都練馬区の『ねりまこども食堂』では、月に2回、有志が作った手作りの食事を1食300円で提供しています。

子どもだけでも利用出来ますし、大人も一緒に利用する事が出来ます。

また、1食300円を出すのが厳しい……と言う場合は利用額も相談に乗ってくれるようです。

相談ママ
大人も利用出来るんですか?

応援ママ
大人の利用については子ども食堂によってルールが違うみたいよ

大手コンビニチェーンのファミリーマートも2019年度からファミマ子ども食堂の全国展開を計画しています。

貧困家庭に朗報?『ファミマこども食堂』が全国展開!

『貧困ママ倶楽部に』では以前から子ども食堂について取り上げてきました。 この記事ではファミリーマートが子ども食堂を全国展 ...

続きを見る

子ども食堂ってどんな感じ?

子ども食堂は基本的にボランティアで運営される為、団体ごとに開催時間等の設定が違います。

一般的な子ども食堂はこんなイメージで運営ているところが多いよううです。

子ども食堂の運営イメージ

  • NPO法人などボランティアが運営
  • ボランティアで運営しているため毎日開いているわけではない
  • 主に夕方以降の時間帯に開催(昼間開催している子ども食堂もあります)
  • 無料~数百円で夕食を提供
  • 子どもが一人で行っても、親子で一緒に行ってもよい
  • 調理室のある公共施設、お寺の食堂などで開催される
  • 食事の用意が必要なので予約制のところが多い

実のところ子ども食堂は「貧困家庭の支援」だけが目的ではありません。

応援ママ
子ども食堂には2つの目的があります
  1. 貧困世帯の子どもたちに食事を支給する
  2. 子どもの孤食防止
相談ママ
じゃあ貧乏な人しか利用出来ない…って訳じゃんないんですね?
応援ママ
ご飯って1人で食べるより、みんなでワイワイ食べる方が美味しいよね?

お金に困っていない世帯でも、親が病気だったり、勤務体制の事情だったりで、1人で食事をする子どももいるのです。

「子どもの健やかな成長を地域全体で支えていく」と言う取り組みなので「子ども食堂の利用者=貧乏人」と言う訳ではありません。

学習支援を合わせた子ども食堂

最近は子ども食堂に学習支援事業を合わせているところが多いようです。

生活に苦しい世帯の子ども達は塾に行けず、成績が伸び悩むケースが多いことと「貧困の連鎖を断ち切るために学歴が必要である」と言うところから、貧困世帯の子ども達の学力向上に乗り出している地方自治体が増えています。

相談ママ
うちは塾の費用まで出してやれないので学習支援があれば受けたいですね

応援ママ
支援団体にもよるけれど、大学生のボランティアの方が勉強を教えてくれるみたいよ

「地方自治体」と書いていますが、実際に運営しているのは地域のボランティアの方だったり、NPO法人だったりするのですが、たいてい地方自治体の役所と連携されているようです。

子ども食堂の探し方

応援ママ
こども食堂は東京都を中心に少しずつ全国に広がっています

大阪や九州でもこども食堂を開設しているようです。

まだまだ日本全国の子ども達が利用出来る状況ではありませんが、もしかしたらお住まいの地域にもあるかも知れません。

気になる方は1度調べてみてはいかがでしょうか? こども食堂ネットワークでは全国の子ども食堂の情報を公開しています。

こども食堂ネットワーク
http://kodomoshokudou-network.com/

相談ママ
残念~。私の住んでいる市には無いみたい

応援ママ
周知が行き届いていない子ども食堂もあるよ

こども食堂ネットワークに登録していない子ども食堂もあります。

応援ママ
「子ども食堂 地域名」で検索してみるのもアリだ思うよ

まずスマホでお住いの地域の役所(市役所・区役所・町役場・村役場)の電話番号を調べてください。

電話番号が分かったら「子ども食堂や学習支援を利用したいのですが、どこで開催しているか教えてください」と電話してみてください。

日本で生きていく時、困った時は役所に相談するのが1番手っ取り早い方法なんです。

もし、お住いの地域に子ども食堂や学習支援があるのであれば、担当者が場所と開催日等を教えてくれるはずです。

応援ママ
覚えておいてください「困ったときは役所に聞け」です

まとめ

私、人と話をするのが苦手だから…」なんてモジモジしている場合ではありません。

電話で話をするのが嫌だ…って気持ちは分かります。

でも、その1回の電話が大切なお子さんの将来を変えるとしたらどうでしょう?

相談ママ
確かにそうですね。出来る事はしていかないと、いつまで経っても抜け出せませんよね

応援ママ
したたかに生きて欲しいな

利用できる物は全て利用してください。そして少しでも早く貧困状態から脱出して戴きたいと思います。

公的支援を利用しよう!

2019/2/3

貧困家庭に朗報?『ファミマこども食堂』が全国展開!

『貧困ママ倶楽部に』では以前から子ども食堂について取り上げてきました。 この記事ではファミリーマートが子ども食堂を全国展開することについてお届けします。 応援ママ子ども食堂なんて利用しなくても生活出来ることが最善なのですが「あったら助かる」と感じている貧困家庭が多いのが今の日本の現状です 子ども食堂とは? 子ども食堂(こどもしょくどう、表記は、子ども食堂に関する最初の著作のタイトルから取ったもの。以下、表記の乱れは、団体名などから)は、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事 ...

続きを読む

2019/1/17

返済不要!大学費用の免除&給付型の奨学金を貰って大学に行く方法。

親にとって子どもの大学進学費用を調達するのは頭の痛い問題です。 かつては「大学に行きたいなら奨学金を使えばいい」と言う風潮でしたが、最近は働く若い世代の人達が奨学金の返済に苦しんでいることがクローズアップされていて「出来れば奨学金を使いたくない」と考える人が増えています。 相談ママ奨学金を貰っても返すアテが無ければ積みますよね… 応援ママじゃあ返済不要の奨学金ならどうかしら? この記事では大学費用の免除と返済不要の奨学金についてご説明します。 大学費用の免除と給付型奨学金この記事で読めること大学費用の免除 ...

続きを読む

2019/3/6

生活福祉資金貸付制度を利用して無利子・低利子でお金を借りよう!

みなさんはお金が足りなくなった時って、どんな風に乗り切りますか? 生活にゆとりのある人なら「貯金を切り崩して…」とか「定期預金を解約する」なんて方法で乗り切るかと思いますが、貯金が無い時はどうしたら良いのでしょうか? 相談ママそれは…銀行か消費者金融で借りるしかないですよね 応援ママ普通はそうなんだけど、銀行や消費者金融で借りると返済の時の利子が大変なのよね… ただでさえお金の無い貧困世帯が借金と利子を抱えてしまうと、生活がますます苦しくなってしまいます。 応援ママそんな時にオススメしたいのが『生活福祉資 ...

続きを読む

2019/7/22

貧困脱出!「生活困窮者自立支援制度」って、どんな制度?相談窓口はどこ?

みなさんは2015年4月から生活困窮者自立支援制度がスタートしたのをご存知ですか? 生活困窮者自立支援制度とは文字通り「生活に困っている人を支援する」制度です。 この制度を利用するのに費用は一切かかりません。 ですから、貧困から脱出するための手段として、どんどん利用して戴きたいと思います。 相談ママ私……そんな制度、はじめて聞きました 応援ママイマイチ認知度が低いのよね。だけど制度自体はちゃんとしたものだから安心して使ってもいいのよ 生活困窮者自立支援制度って何?この記事で読めること生活困窮者自立支援制度 ...

続きを読む

2019/7/23

保険証が無い。お金が無くても病院に行く方法。無料低額診療制度について。

日本では「お金がないから病院に行けない」「保険証が無いから病院に行けない」と言う悩みを抱えた方が増えています。 現在「生活が苦しい」と感じている貧困家庭は年々増えていると言われています。 生活が苦しいと感じている方の中には「お金が無いから病院に行くのも躊躇ってしまう」と言う方もおられるのではないでしょうか? 生活が苦しくなってくると「とりあえず食べる事」にばかり目がいってしまって、病気の治療まで手が届かないのはよく分かります。 メモ 出来ることなら病院に行かずに「生活が苦しいから病院に行けない→病気が悪化 ...

続きを読む

2019/7/26

フードバンクを個人利用をする方法。明日、食べる物が無い!

みなさんは「明日、食べるものがない」と言うほど生活に行き詰まってしまった事ってありますか? 日本ではお金が無くて食べる物が無い人達がいる一方で、企業では大量の食べ物が廃棄されています。 最近、企業が廃棄する前の食料を譲り受けて、食べる物に困っているところへ配布する「フードバンク」と言う試みがはじまっています。 フードバンクとは フードバンク(英: Food bank)とは、包装の傷みなどで、品質に問題がないにもかかわらず市場で流通出来なくなった食品を、企業から寄附を受け生活困窮者などに配給する活動およびそ ...

続きを読む

2018/10/26

貧困からの脱出。都会から離れて子連れ移住を考えてみる。

最近、女性や子どもの貧困がクローズアップされる機会が増えてきたように思います。 先日も、ヤフーのトップに「若者の貧困」に大人はあまりに無理解すぎる言う記事が上がっていました。 現在貧困状態にある方からすると「何を今さら?」と思われるのではないでしょうか? ポイント 貧困に陥ってしまった人の中には「自業自得」と言われても仕方のない人もいます。しかし、真面目に頑張っているのに貧困層まで転がり落ちてしまった人も多いのが現実です。 相談ママ圧倒的にお給料が低かったりしますよね 応援ママお給料は上がらなくても生活費 ...

続きを読む

2019/3/8

大変!病気や怪我で収入がゼロに「そうだ傷病手当金を貰おう!」どうしたら貰えるの?金額はどれくらい?

「お金がなくて生活が苦しい」と悩んでおられる方の中には色々な事情があるかと思います。 ギャンブル等の出費がかさんで、無理なキャッシングをしてしまったり、あるいは務めていた会社が潰れてしまったり。 もしかしたら長期間の病気や怪我で働けない方もおられるのではないでしょうか? 日本人は「仕事をしていない」と言うことに対して罪悪感を覚える人が多いのですが、病気や怪我が理由で働けなくなった人って意外と多いんです。 最近では「うつ病」等の理由から止むを得ず休職される方が多いのだとか。 相談ママ最近、うつ病で働けなくな ...

続きを読む

2018/9/4

鬱で通院中のママ必読。自立支援医療制度で医療費を減らそう!

現在、日本ではシングルマザー家庭の半数が貧困状態にあると言われています。 貧困の原因は様々ですが、中には鬱で働く事が出来なくなった事かがキッカケで貧困状態になってしまった方もおられるのでないかと思います。 また「鬱で働けない」てまではいかなくても、鬱病の治療が経済的に厳しい方もおられるのではないでしようか? 鬱病治療を支援する自立支援医療制度この記事で読めること鬱病治療を支援する自立支援医療制度自立支援医療制度の対象疾患病院窓口での自己負担額が減ります自立支援医療制度の手続きについて使い方有効期限がありま ...

続きを読む

2019/1/28

10万円以内なら国から無利子借りられるかも?緊急小口資金貸付について。

長い人生には不意のトラブルに見まわれる事があるかと思います。 急な病気や怪我、また「そんな事ありえないでしょ?」と思われるかも知れませんが、銀行から引き出したばかりのお給料を盗まれる……なんて事だってあるかも知れません。 ある程度まとまった金額の貯金があれば問題ないのですが、貯金がほとんどなくて自転車操業で生活している人にとって、今日な出費は死活問題です。 今回はそんな不意の事態に陥ってしまった時に、国がお金を貸してくれる制度「緊急小口資金貸付」をご紹介します。 相談ママ国がお金を貸してくれるんですか? ...

続きを読む

 

  • この記事を書いた人
応援ママ

応援ママ

貧困からの脱出を応援します!

-公的支援
-, , , , ,

Copyright© 貧困ママ倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.