貧困の実態

貧困家庭の実態を描いた漫画『陽のあたる家~生活保護に支えられて~ 』をオススメしたい理由。

更新日:

生活が苦しいと感じる『貧困世帯』は子育て世帯にも広がっています。

子どもの貧困、女性の貧困は社会的にも注目されているのですが、貧困状態であったとしても、どこにも相談することもなく、1人で頑張ってしまうケースが少なくありません。「生活が苦しい」って、なんとなく口に出して相談するのに抵抗がある人が多いのだと思います。

マザー・テレサは『この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。誰からも自分は必要とされていないと感じることです。』と言う言葉を残しています。

マザー・テレサのこの言葉は「役に立たない自分」を指すだけではなく「1人で生きる孤独」を指していると言われています。

日本人は「他人に迷惑をかけてはいけない」「自分のことは自分でする」と言う事を重要視する風潮がありますが、これは美徳とばかりは言えないのではないかと筆者は考えています。

今回は生活が苦しいとお悩みの方に、ある漫画をご紹介しますね。

相談ママ
私、本はあまり読みませんが漫画はけっこう好きです

応援ママ
興味を持ってくれるようなら是非読んで欲しいな

陽のあたる家~生活保護に支えられて~

この作品は『フォアミセス』に連載されていた漫画作品でサブタイトルの通り生活保護を受給した家族のドラマがテーマになっています。

アマゾンのレビューを読んでいると、賛否両論のようです。「共感出来る」と言う人もいれば、「正直、疑問に思う」と言う人もいます。もちろん、どちらも間違った意見ではありません。感想は人それぞれです。

『陽のあたる家~生活保護に支えられて~』をオススメしたい理由

物凄く面白い作品だとは言いません。

しかしこの作品の中では「生活保護を受けていなかった家族が生活保護を受けるようになった経緯」や「貧困であるがゆえの悩み」がリアルに描かれています。

「これから生活保護の申請を考えている方」や「現在生活保護を受給して暮らしいる方」は共感出来るのではないかと思います。

これはあくまでも漫画ですが、ファンタジー漫画ではありません。実際に起こっているからこそ、こういった作品が生まれてくるのだと思います。

相談ママ
それだけ子育て世代に生活保護世帯が増えているって事ですよね?

応援ママ
取材等をした上で描かれた漫画だしね…[/st-kaiwa31]

描かれている事が事実かどうか?

作品の中では生活保護を申請した際に受けた役所の「水際作戦」やPTAで吊し上げされるエピソードなどが描かれていますが、これらはすべて「事実」なのでしょうか?

結論から申し上げると「事実でもあり、事実でないとも言える」って感じです。

生活保護の対応は地方自治体によって随分違うのです。無責任なようですが「運」が左右すると言っても良いかと思います。

実際に生活保護を受給された方からお話を聞くと「役所の人は意外と親切でした」と言う方もいれば「あの漫画に描かれている人達は恵まれている。現実はもっと残酷だ」と言う方もおられます。

まとめ

『陽のあたる家~生活保護に支えられて~』は新品で購入すると756円もかかってしまいます。

レンタルコミックや漫画喫茶で利用する事も出来ますし、ブックオフ等の古書店で探してみても良いかと思います。

相談ママ
私も読んでみたいな

応援ママ
買うのがキツイなら借りるか古本で手に入れてね

「漫画を買うくらいなら、食料買うわ!」と言う気持ちは良く分かるので「買って読んでください」と言い辛いのですが、心の隅にでもとめておいていただいて、機会があれば目を通して戴きたい思います。

合わせて読みたい

母子家庭の生活保護ってどんな感じなの?どれくらい貰えるの?

働かない夫、ギャンブル依存症の夫、DV夫、パワハラ夫……そんな夫と暮らしている方の中で離婚を考えている方は多いかと思いの ...

  • この記事を書いた人
応援ママ

応援ママ

貧困からの脱出を応援します!

-貧困の実態
-, , , , , ,

Copyright© 貧困ママ倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.