貧困体験談

顔見知りのホームレスが凍死した。やっぱり住所は必要です。

更新日:

貧困体験談』では貧困を体験された方から寄せられた声をご紹介します。

応援ママ
貧困ママだけでなく、男性や独身女性の体験も含まれます

貧困体験を寄せてくだった方のプライバシー保護のため、一部フェイクを入れている事をご了承ください。

貧困状態になってしまうと、つい「自分だけが辛い」って思っちゃうんですよね。

実際に頑張っている「誰か」の体験談を読むことで「自分だけじゃない」「私も頑張ろう」と思ってもらえる事を願って止みません。

顔見知りのホームレスが凍死した

寒くなってきましたよねぇ。

俺らみたいな貧乏人には寒さより暑さの方が厳しいって言われますけど、寒さもけっこうヤバイですよ。俺はどうにかアパート暮らしをキープしてますけど、本気のホームレスだと凍死する人もいますからね。

昨年は顔見知りが凍死しました。

応援ママ
その方は友達だったんてすか?
貧困おじ
いや…顔見知り程度の仲です

友達…ってほどじゃなくて、あくまでも顔見知り程度の仲でしたけどね。正直、ショックでしたよ。「明日は我が身」じゃないですけど、他人事とは思えなくてね。何しろ俺もギリギリの生活してますから。

顔見知りが凍死しました

凍死したのは日雇いで顔見知りだったジイサンです。

ジイサンが凍死したって話はかなり後になってから聞きました。すごく親しかった…って訳じゃなくて、現場で会ったら話する程度。気さくなジイサンで、けっこう顔広かったんじゃないかな。

俺はアパートの暮らしですが、ジイサンはホームレスだったり、ドヤで寝泊まりしてたみたいです。

年は…知りませんが、肉体労働出来てたくらいだから意外と若かったんじゃないかな。俺らみたいな人間って、パッっと見では年とか分かんないですよ。だいたい、年寄り老けて見えるし。たまに、異様に若いヤツもいますけどね。

応援ママ
人の年齢見分けるのって難しいですよね
貧困おじ
底辺の人間は特にそうですよ

若くみえるのはちょっとアレ…なんて言ったらいいのかな。発達障害? そんそな感じのヤツですよ。子どもがそのままでっかくなった…って感じの。

俺が知ってる限りではいい人でしたよ

ジイサンは俺が知ってる限りではいい人でしたよ。

この人、なんでホームレスやってるのかな?」って思うくらい。言葉に訛りとか無かったんで、もしかしたら東京の人だったのかも知れません。他人の事を根掘り葉掘り聞いたりしませんしね。

応援ママ
そんなものなんですか?
貧困おじ
みんな後ろ暗いところがありますからね

自分の事を聞かれたくないから、人にも聞かない…って感んじで。まぁ、日雇いに来るヤツなんて、多かれ少なかれ脛に傷持つ者ばっかりですからね。

よほど親しくないと、自分の事なんて話しないですよ。

まぁ…当たり障りのない事しか話はしませんね。競馬とかパチンコとかね。あとは儲け話くらいのもんで。

あ…儲け話って言っても、どこの仕事が良かった…とかその程度ですよ。本当に儲かる話があれば、他人には言いませんからね。

そう言えば最近、顔見ないな…って

ジイサンが凍死した…って聞いたのは人づてです。

そう言えば最近、顔観ないから病気でもしてるのかな…って。共通の知り合いがいて「そう言えば、あのジイサンどうしてる?」って聞いたら「年明けに死んだ」って。

まぁ…年齢的にも、そう言うこともあるかな…って思ってたら「凍死だったんだ」って。流石にビビリました。

貧困おじ
知り合いが死ぬのは初めてじゃなかったけど凍死って言われるとね
応援ママ
確かにインパクト強すぎですよね

意外と多いみたいですよ…凍死って。俺、絶対住所だけは手放さないようにしよう…って思いましたね。孤独死は覚悟してますけど、流石に凍死は…ね。

ジイサンが亡くなったのは1月の中頃だったそうです。

あの時期、異様に寒かったですからね。ちゃんと仕事してて、ドヤにでも泊まれてたら良かったんでしょうけど、体調崩して働けなかったらしいんですよ。

ホームレス歴の長い人達は越冬の知恵があるみたいなんですけど、ジイサンみたいにドヤに泊まったり、ホームレスしたり…みたいな中途半端だと駄目みたいですね。

装備が無いんですもん。ジイサン自身、まさか自分が凍死するとは思ってなかったんじゃないかな…知りませんけどね。

住所さえあればどうなかなるでしょ?

俺は今、日雇いで繋いでますが、働けなくなったら生活保護を申請するつもりです。

応援ママ
その時はAさんに相談してください
貧困おじ
そうさせてもらうつもりです

【注】Aさん→貧困者支援団体の職員

生活保護って住所ないと駄目みたいですね。

ジイサンもNPO法人なり、宗教団体なりに頼れば良かったのにな…って思います。

俺達みたいな底辺の人間にも色々なタイプがいて、イザとなったらなりふり構わず他人に頼るのもいれば、そう言うこと絶対にしないタイプもいるんですよ。ジイサンは他人に頼るとか出来ないタイプだったんでしょうね。

どうせ死ぬなら暖かいところがいいですね

俺、沖縄出身なんです。だからかも知れませんが寒いの苦手なんですよ。

凍死とか辛過ぎるじゃないですか?

人間、寒いとなんか惨めな気持ちになりますよね。どうせ死ぬなら暖かいところがいいです。畳の上とか、病院のベッドの上とか贅沢は言いませんけど、凍死だけは嫌です。]

そのためにも出来るだけ元気で働いて、アパートに住めるようになりたいと思ってます。

将来的には生活保護を受けるようになるかも知れませんが、それにしても住所がいりますからね。

ジイサンはどうして、あんな事になっちゃったのかな…。顔見知り程度とは言っても、気の毒に思いますよ。

他の体験談も読んでみる

おすすめ
33歳シングルマザー。共産党に泣きついて生活保護を申請してみた。

『貧困体験談』では貧困を体験された方から寄せられた声をご紹介します。 応援ママ貧困ママだけでなく、男性や独身女性の体験も ...

おすすめ
41歳が振り返る。「ワイルド過ぎるホームレス生活は地獄やった」

『貧困体験談』では貧困を体験された方から寄せられた声をご紹介します。 応援ママ貧困ママだけでなく、男性や独身女性の体験も ...

おすすめ
39歳バンドマン。金はないけど夢がある。

『貧困体験談』では貧困を体験された方から寄せられた声をご紹介します。 応援ママ貧困ママだけでなく、男性や独身女性の体験も ...

  • この記事を書いた人
応援ママ

応援ママ

貧困からの脱出を応援します!

-貧困体験談
-,

Copyright© 貧困ママ倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.