節約術

子どもの学力どうやって上げる?塾のお金は出せないんだけど…。

更新日:

貧困家庭に生まれた子どもは学力が低くなる」なんて話、聞いた事ありますか?

ヤフーのトップニュースに掲載されていたのですが、北海道と北海道大学の調査によると、低所得世帯の子どもの4割が学校の授業が分からない……との調査結果が出たようです。

「貧困の連鎖」という言葉がありますが、実現代の日本では学歴と収入は密接に関係していると言っても過言ではありません。

貧困家庭の子どもは「貧困家庭の子どもなので低学歴。低学歴なので低収入」と言う負の無限ループに突入してしまう危険があります。

相談ママ
でも…うち、塾に入れるだけの余裕なんて無いんですけど…

応援ママ
大丈夫!
お金をかけなくても意外とやれる事はあるから

今回は出来るだけお金をかけずに子どもの学力を上げる方法について考えてみたいと思います。

貧困の連鎖を断ち切るための学力アップ

「貧困家庭」とザックリ言っても、ご家庭によって状況は様々です。

一般的に貧困家庭は「お金がない」「両親とも学歴がない」と言われていますが、貧乏暇なしと言われるように「子どもと接する時間がない」と言うとろこも問題ではないかと思います。「生活が苦しい」と言うママ達と話をしていると「仕事で疲れて帰ってくるので子どもにかまう時間がない」と言う方が多いように思います。

相談ママ
仕事から帰ってきたら
食事の支度だけで精一杯で…

応援ママ
勉強をみてあげる余裕は無いよね

てすが、貧困の連鎖を断ち切るためには、どこかで頑張らないといけないんですよね。なかなか難しいかと思うのですが出来ることからはじめてみませんか?

地方自治体・NPO法人等の学習支援を受ける

貧困家庭のお子さんが学力を上げる手っ取り早い手段として地方自治体やNPO法人の学習支援を受ける方法があります。

これらは無料、もしくは安価な負担で子ども達が塾のように、学習出来る機会を提供してもらうシステムです。

NPO法人キッズドア
http://www.kidsdoor.net/supporter/

しかし残念な事に地域格差があって「どこでも受けられる」と言う訳ではありません。都市部は比較的充実しているのですが、地方に行けば行くほどそういうシステムが無い場所が多いようです。ネットで検索しても良いのですが学習支援を行っている団体が必ずしもネットに情報を載せているとは限りません。、まずはお住いになっている市区町村の役所に問い合わせてみる事をオススメします

「そんな事、聞くのは恥ずかしい…」なんて悠長な事を言っている場合ではありません。それに役所は「そんな事を聞く所」なので、どんどん聞いてみてください。「貧困家庭の学習支援をしている団体等があれば教えてください」と聞くだけでOK。もし、支援している団体があれば教えてくれます。

自力でどうにか頑張る

さて。地域によっては学習支援が無い場合があるかと思います。しかし1ヶ月数万円の塾の月謝を払えない…と言う場合は自力で頑張るしかありません。

インターネット上には無料で学習プリントを配布しているサイトがいくつかあるので活用してみてください。

ぷりんときっず(幼児から小学校低学年)
http://print-kids.net/

ちびむすドリル(中学生)
http://happylilac.net/highschool.html

相談ママ
あ…でも、うちプリンターも無いんですけど…

応援ママ
ダウンロードしたデータをUSBメモリに移して
コンビニでコピーするといいよ!

比較的安価な通信教育

塾が無理なら比較的安価に続けられる通信教育はいかがでしょうか?

がんばる舎の通信教育は、幼児680円、小中学生800円から受講出来ます。採点は自宅でするしかないのですが、何よりも安さが魅力です。お値段が安い分『進研ゼミ』やZ会に較べるとプリントの仕様が地味ですが教材はしっかりしています。

相談ママ
そんなに値段で通信教育ってあるんですね!
これなら、うちでもどうにかなるかも

応援ママ
ただ、がんばる舎のプリントはすごく地味だから
子どもがやる気になるようにママが上手く誘導するのが大切だよ

昔からある「ポピー」も評判が良いようです。ポピーはがんばる舎よりカラーページが多く、見た目的には子ども受けするのですが、その分がんばる舎より少しお高くなっています。

幼・小・中学生向けの家庭学習教材【月刊ポピー】無料おためし見本プレゼント!

何も買わずに手間暇をかける……

通信教育も無理…と言う場合は、お金ではなく時間をかけるしかありません。親が一緒に勉強をするつもりで、お子さんの勉強をチェックしてください。

特にテストで間違えた場所は、同じ問題をテスト形式でプリントを作り、完璧に出来るまで何度でもチャレンジさせます。

例えば、漢字テストで「勉強」と言う字が書けなかったたとします。広告の裏紙でも何でも良いので「べんきょう」と書いて、ミニテストとして子どもに漢字を書かせます。

1度に大量の問題を解くとなると子どもが飽きてしまうので「テレビ番組のCMの間に1つ」「夕食後に1つ」と、ちょくちょく書かせるのがポイントです。とにかく書けるまで何度でも書かせましょう。

応援ママ
ミニテストは作るのが面倒だけど
目に見えて効果が出て来るよ

相談ママ
へぇ~っ。私もやってみます!

まとめ

相談ママ
はぁ~。色々な方法があるんですね~

応援ママ
他人事のように感心してちゃ駄目!
お子さんのために諦めないで頑張って欲しいな

「うちの子、勉強苦手だから」と諦めないで戴きたと思います。

「東大に行ってくれ」とは言わないまでも、将来お子さんが自分の未来を自分の意思で選択出来るように最低ラインの学力を維持出来るよう努力してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

おすすめ
おすすめ
シングルマザーの入院。頼る人がいない。子どもを預ける場所がない時の対処法。

今回は「貧困ママ」と言う意味では直接関係のない話ですが、どうしても知っておいて戴きたくてお届けします。 このサイトは貧困 ...

  • この記事を書いた人
応援ママ

応援ママ

貧困からの脱出を応援します!

-節約術
-, , , , , ,

Copyright© 貧困ママ倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.